Contentsコンテンツ一覧

CADの歴史について

製図を作成する際に必要不可欠な存在であるCADは、技術習得のために多くの方が勉強しています。現在様々な分野で活躍しているCADはどのようにして誕生し、現在に至るのでしょうか。こちらでは、CADの歴史についてご紹介いたします。

CADの誕生

CADは、1963年のアメリカでサザーランドという人物が発表した論文が原点といわれています。その時発表されたのは、SKETCHPADといわれるシステムで、世界で初めての対話型コンピューターシステムと呼べるものでした。しかし、現代のシステムと比べると、演算速度の性能は比べにならない低いものだったのです。

また、開発するコストにも多額の費用がかかったため、一台数千万円という高額で、サイズも非常に大きいものでした。

CADの進化

開発当初、CADのベースにある概念やその将来性には、当時多くの方が高い評価を示していました。そのため、性能の向上やサイズの小型化を図る企業が多く存在したのです。

その後、ハードウェアの開発が加速し、性能が向上、更に1990年代以降にはWindows‐NT系が登場しました。それにより、2次元(平面)での製図作成が主流だったCADは、3次元(立体)での製作が可能になったのです。

現在のCAD

現在では、2次元CADを大きく2種類に分類しています。それが、「専用CAD」と「汎用CAD」です。専用CADは特殊な用途に特化した性能を持っており、汎用CADは多くの分野に使われ用途を限定しないCADをいいます。3次元CADは「ハイエンドCAD」「ミッドレンジCAD」「ローエンドCAD」など性能に応じて分類されています。

特にハイエンドCADは、その名の通り非常に高性能で、自動車製造や航空業界などで使用されています。常に進歩を続けるCADは、あらゆるものづくりの過程においてこれからも活躍し続けるでしょう。

東京にある当社では、CADオペレーターの求人募集を行っております。当社では多くの女性が活躍しており、正社員雇用なので給料面など安心して働くことができます。未経験者の採用実績も多くあるので、CADオペレーターに興味があるけど専門職だからと諦めていた方やCADの技術習得をしたいという方は、ぜひ当社にお問い合わせください。