Contentsコンテンツ一覧

日本での働く女性の現状とは

現在は昔に比べて多くの女性が社会進出を果たし、様々な業界で活躍しています。男女雇用均等法が施行されたこともあり、女性も自由に仕事ができる時代になりました。しかし、まだまだ男女の格差が存在する企業も少なくないようです。こちらでは日本での働く女性の現状についてご紹介いたします。

多くの女性が出産を機に退職

女性の年齢階級別労働力を表したグラフでは、20代前半と40代後半を頂点に、20代後半から30代後半にかけて落ち込む傾向があります。落ち込んでいる年代は、出産や子育てに励む女性が多くなる時期です。これは、日本女性の働き方の特徴を表していると言えます。

なぜ日本の女性は出産や子育てを機に、退職する方が多いのでしょうか。自分の手で子育てをしたいという理由も多くありますが、中には、就労時間などの関係で仕事と子育てを両立させる自信がない、保育園に預けられない、育児休暇が使いづらいなどの理由も多くあります。

女性の社会進出は積極的に行われていますが、育児をしながら働く環境がきちんと整っていないことを表しているのではないでしょうか。

仕事と家庭の両立

育児に関する負担は、ほとんどが母親の担当という家庭が多くあります。共働きの夫婦であれば同じ立場なので、子供の急病時には父親が会社を早退してもいいはずです。しかし、職場の雰囲気によっては、子供のために早退することを言い出せないということもあるのです。女性が育児制度を使いづらい、使えないという理由も同じでしょう。

働く女性がイキイキと過ごせる環境、男性も育児に参加できる環境にするためには、男女が家庭と仕事を両立できる働き方を目指し、それに向けた職場環境の整備が大切です。当社は、女性にとって働きやすい環境が整っています。

東京にある当社では、CADオペレーターの求人募集をしております。現在、多くの女性が活躍しており、有期派遣雇用ではなく無期正社員雇用での採用です。働きながら技術習得や資格取得を目指し、キャリアアップを図ることができます。

当社は、建築業界の経験者から全くの未経験者まで幅広く採用しておりますので、東京でCADオペレーターとして就職を目指している方は、ぜひ当社にご相談ください。仕事と子育てを両立したい方も必見です。