Contentsコンテンツ一覧

CADソフトの種類と特徴

CADの技術習得のためには実際にソフトを触るのが一番ですが、CADソフトには種類がいくつもあり、何が違うのか疑問に感じるという方もいらっしゃるかもしれません。こちらでは、代表的なCADソフトと特徴をご紹介いたします。

JW_CAD

建築士によって開発された2次元汎用CADソフトがJW_CADです。一般的にCADソフトを使用する場合は、数万円から数十万円ほどかけてCADソフトを導入する必要があり、中小企業がCADソフトを導入しようとすると、大きな負担になってしまうことも少なくありません。

JW_CADは無料で導入することができ、誰でも気軽にCADの技術習得を目指すことが可能になっています。高額の有料ソフトにも引けを取らず、新しい機能を追加できるなど柔軟性も高いため、あらゆる分野で普及しています。

AutoCAD

AutoCADはオートデスク株式会社が開発したCADソフトです。土木設計や建築設計といった分野で活躍していますが、他にも様々な分野で活用されているので、数多く市販されているCADソフトの中でも広く普及しています。JW_CADが2次元対応のソフトなのに対してAutoCADは3次元にも対応したソフトなので、立体的な完成図を作成する際などにも活用できます。

ベクターワークス

アメリカの企業が開発した汎用3次元CADソフトがベクターワークスであり、インテリアデザイナーや建築家などデザイン性が求められる分野で活用されています。ベクターワークスは2次元と3次元の両方で図面を作成することが可能であり、操作性にも優れているので、図面の作成以外にもプレゼンテーションなどに活用されています。

東京にある当社では、電気設備CADオペレーターの募集を行っています。安心の研修制度とバックアップ体制が整っているので、未経験の方もCADの技術習得や資格取得が可能となっています。また女性に優しい職場環境で無期正社員雇用にこだわっていますので、安定した職場に就職したいという方や、未経験からプロを目指したいという方はぜひご応募ください。