Contentsコンテンツ一覧

CADオペレーターに必要なスキル

パソコンを使って製図を行うCADオペレーターは建設業やインテリア業などあらゆる分野で活躍できる仕事であり、女性に人気の仕事です。CADオペレーターと聞くと難しそうなイメージを持たれる方は多いと思いますが、専門知識や実務経験のない未経験者でもチャレンジできる点が大きな魅力です。未経験者でも一定のスキルは必要となりますので、こちらで必要なスキルをご紹介しています

コミュニケーション能力

CADオペレーターはパソコンと向き合う時間が長いですが、デザイナーや設計士とコミュニケーションを取る機会も多くあります。CADオペレーターはデザイナーや設計士の指示を受けて仕事を進めていきますので、指示内容を正確に理解する能力はもちろんのこと、コミュニケーション能力も重要となります。また職場内のスタッフともコミュニケーションを取る機会も多くあり、作業の効率化を図るためにもコミュニケーション能力は重要なスキルです。

集中力と注意力

CADオペレーターは設計図の編集や修正といった細かい作業がメインとなりますので、地道な作業を長時間行うことになります。地道な作業でも1つ1つ丁寧に行う必要があり、設計図の編集や修正の際に少しでもミスが発生してしまうと余計に時間が掛かるだけでなく、大問題に発展する可能性もあります。そのため、CADオペレーターには地道な作業でも真剣に取り組める集中力と小さなミスも発見できる注意力が求められます。

東京都にある当社では電気設備CADオペレーターの求人募集をしており、経験者はもちろん未経験者の方や技術を身につけたい方も募集しています。安心して働けるように充実した研修制度とバックアップ体制が整っており、正社員雇用にこだわっているので安定した求人をお探しの方におすすめです。CADオペレーターはオリンピック事業にも携われる将来性もありますので、オリンピック事業をサポートしたいとお考えの方もお気軽に求人募集にご応募ください。